ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一種のス…

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓の持つ解毒酵素の円滑な創造を促進しているかもしれないという新たな事実関係が判明してきたのです。

結核の原因となる結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと咳き込むことで室内に散布され、空中にふわふわしているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことで感染していくのです。

めまいが出ず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを数回発症する症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ場合もよくあります。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や狭心症を代表とする多くの健康障害の因子となる恐れがあることをご存知でしょうか。

収縮期血圧が140を超える高血圧になると、身体中の血管に大きな負荷がかかった結果、体中の色んな血管に障害が巻き起こって、合併症を併発する見込が高まると言われています。

内臓に脂肪が多い肥満が確認された上で、脂質(ししつ、lipid)、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に相当するような健康状態を、メタボ(メタボリックシンドローム)と称しています。

PC画面の細かなチラつきを抑えるレンズの付いた専用メガネが非常に人気を博している理由は、疲れ目の予防にたくさんの人々が四苦八苦しているからだと考えることができます。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もしていなくても燃焼する熱量のことですが、その5割以上を体中の筋肉・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3つで消費しているということはまだ広くは知られていません。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の二者の技術がよく使用されています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在している血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまい、結果的に膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発病してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

ストレスが溜まる経過や便利で有用なストレスのケア方法など、ストレス関係の基本的な知識を保持している人は、まだ少ないようです。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や適度な運動は当然のことながら、肉体面と精神面の健康やビューティーのために、補助として色々な種類のサプリメントを摂る事がおかしくなくなったようです。

子供の耳管の構造は、大人のそれに比べて太めで短い形状で、なおかつ水平に近いため、バイキンが進入しやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関わっています。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内における脂肪が占めているウェートで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式で値を確認できます。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、約1週間きちんとお薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は改善しますが、かといって食道の粘膜の炎症そのものが引いたとは断言できないので注意が必要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク