亜鉛は、DNAや蛋白質を合成させるために働く色々な…

亜鉛は、DNAや蛋白質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞・組織の再生に必要な酵素など、200種類以上ある酵素の構成要素として外せないミネラル分なのです。

肥満(obesity)は勿論食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が誘因ですが、内容量は変わらないごはんだったとしても、大慌てで食べ終わる早食いをすることによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

万が一検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも少なくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合は、不足している分の女性ホルモンを補う医術などで緩和できます。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム陽性球菌であり、毒の極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)になっています。

気分障害のうつ病というのは副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、強い憂うつ感、強い疲労感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が見られます。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは違って、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ作用があるそうです。

上が140以上、下が90以上の高血圧が長期間続くと、血管に強い負担となり、身体中至る所のあちらこちらの血管に障害が発生して、合併症を招くリスクが大きくなるのです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含んでいる血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液等の体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜等に接触すれば、HIV感染の危険性が高くなります。

抗酸菌のひとつである結核菌は、感染している人がゴホゴホと「せき」をすることで外気の中に撒かれ、空気中でふわふわ流されているのを今度は他の人が吸い込むことにより次々に感染していきます。

バランスの取れた食生活や適度な運動はもちろんのこと、身体の健康や美容を目的として、目当ての栄養を補うために数種類のサプリメントを採用する事がおかしくなくなっています。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素の順調な製造を助けているかもしれないという新たな真実が明らかになってきました。

メタボリック症候群であるとは診断されていなくても、臓器に脂肪が付きやすいような悪い肥満が確認されるということで、重い生活習慣病を誘引しやすくなります。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が切れてしまった後に市場に出回って、同一の成分で経済的負担を少なく抑えられる(価格が高価ではない)後発医薬品のことをいいます。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータでは、体の大きな大人よりも未成年のほうが風に流されてきた放射能の害をより受けやすいことは明らかです。

よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまい、血液の流れが停止し、酸素や様々な栄養が心筋に配達されず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなる大変恐ろしい病気です。