化粧の良いところ:容貌が美しくなる。メイクもマナー…

化粧の良いところ:容貌が美しくなる。メイクもマナーのひとつ。実際の歳より大人っぽく見える(ただし10代~20代前半の場合です)。人に与える自分自身のイメージを好きなように変貌させることができる。

健康な人間にも起こるむくみだが、これは浮腫んで当然。殊に女性は、夕方のふくらはぎのむくみを気にするようだが、人なら、下半身が浮腫むということはまっとうな状態なので神経質になる必要はない。

なんとかしてキレイに見せたいと対策を講じてフェイシャルマッサージをする人がいるようですが、目の下の表皮は敏感で弱いので、雑に擦るように力任せにおこなうだけのフェイシャルマッサージは良くありません。

押し戻してくる皮ふの弾力感。これを作っているのは、美容成分でおなじみのコラーゲン、すなわち蛋白質です。バネのようなコラーゲンが下から肌を下支えしていれば、たるみとは無関係でいられます。

患者さんによって肌の性質は異なりますし、遺伝による乾燥肌なのか、それとも生活習慣などによるドライスキンなのかによって治療方法が大きく異なってきますので、案外注意を要するのです。

この国における美容外科の来歴では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医療行為」だとの見識を与えられるまでに、思ったよりも月日を要した。

ほとんど慢性に繋がるが、正しい加療により症状・病態が管理された状態にあると、自然に治ってしまうことがあり得る病気だ。

トレチノイン酸療法は、色の濃いシミを数週間単位という早さで淡色に和らげるのにいたって効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・紫外線やホルモンバランスが原因の肝斑・しつこい吹き出物などに最適です。

歯のビューティーケアが肝要と認識している女性は多くなっているものの、実生活に取り入れているという人はまだまだ少数だ。その理由で最多なのは、「どのようにしてケアしたらよいのかいまいち分からない」という思いだ。

顔の加齢印象を強める重大な因子のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。歯のエナメル質には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、生活の中で黄色い着色や煙草のヤニなどの汚れが溜まっていきます。

乾燥肌というのは、お肌の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準よりも低落することで、お肌(皮膚)にある潤いが蒸発し、表皮がパリパリに乾く症状を指しています。

医学界がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を重視する風潮にあり、物づくりに代表される日本経済の発展と医療市場の急速な拡充により、美容外科(Cosmetic Surgery)は今脚光を浴びている医療分野のひとつだ。

この国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや茶色いシミが見られない状態を良しとする習慣は現代よりも昔からあり、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。

メイクアップの短所:崩れないように化粧直しをする必要にせまられる。すっぴんの時の落差。化粧品の出費が痛い。化粧してからでないと外に出られないというある種の強迫観念にとらわれる。

明治時代の終わり頃、異国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介したことから、これらをまとめた語彙のひとつとして、美容がけわいの代わりに使われるようになったのだ。