大多数の人に水虫といえば足をイメージし、特に足の裏…

大多数の人に水虫といえば足をイメージし、特に足の裏や指の間にみられる皮膚病だと思われがちですが、白癬菌にかかるのは決して足だけではないので、体のありとあらゆる部位にうつってしまう危険性があるのです。

杉の花粉が飛散する1月~4月の間に、幼いお子さんが体温は平常なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止んでくれない症状だったなら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因で、膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなることによって発病する種類の糖尿病なのです。

真正細菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと「せき」をすることによって外気に飛び散り、空気中でフワフワ浮遊しているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことにより感染していくのです。

欧米諸国おいては、新薬の特許が満了してから4週間後、市場の8割がジェネリックに変更されるという薬もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国に浸透しているという現実があります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目覚めている覚醒状態で生命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指します。

急に発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、バイ菌の感染が原因の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱が出るのが相違点です。

四六時中ゴロンと横向きになってTVを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に履いたりというような習慣は身体の左右の均衡を悪くする大きな誘因になります。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種するという個別接種の扱いになりました。

痩せたいためにカロリー摂取を抑制する、食事を抜く、こういった暮らしのスタイルが結果として栄養までもを不足させ、四肢の冷えを齎すことは、色んなところで危惧されていることです。

現在の手術室には、御手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を置くか、近距離にX線装置のための専門室を作るのが慣例となっている。

ストレスがかかり、溜まっていくプロセスや、有効なストレスのケア方法など、ストレスというものの詳細な知識を勉強している人は、それほど多くはありません。

万が一検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なくPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、足りていない分の女性ホルモンを補てんする治療等で緩和が期待できます。

年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さではゆっくりと聴力が低下するものの、大体は還暦を超えないと聴力の衰退をしっかりと把握できないものです。

うす暗い場所では光量が不足して物が見づらくなりますが、さらに瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに不必要なエネルギーがかかり、結果的に明るい場所でものを眺めるより疲労が大きいのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク