審美歯科(cosmetic dentistry)と…

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美に焦点を当てた総合的な歯科医療。歯の持つ役割には咀嚼など機能的な側面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、双方健康に関わっている非常に大切な要素であることは周知の事実だ。

リハビリメイクという言葉には、肉体的に損傷を受けた人のリハビリテーションと同じく、顔などの外観に損傷を受けてしまった人が社会復帰のためにマスターするテクニックという意味が含まれています。

お肌の奥底で作り出された細胞はじわじわと皮ふの表層へと移動し、最後には肌表面の角質となって、約28日経てば自然にはがれ落ちます。この仕組みこそがターンオーバーの正体です。

「デトックス」法にはリスクやトラブルはないと言えるのだろうか。第一、体に蓄積してしまう「毒」というのはどのような物質で、その毒物とやらは「デトックス」の効果で体外へ排出されるのか?

皮ふのサンバーンによってできてしまったシミをどうにか薄くしようとするよりも、作られないように防護したり、肌の奥に隠れているシミの卵を防ぐことの方が重要だということを理解している人はまだ多くありません。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの手段でもって容貌や容姿をより一層美しくするために形づくることを指す言葉。もっぱら江戸時代には化粧(けわい)と同様に使われていたようである。

むくみの理由はたくさんありますが、気候の働きも少なからずあるって聞いたことはありませんか。30℃近い気温になって大量の水を飲み、汗をかく、夏にこそ浮腫みの原因が存在します。

加齢印象を強める主だった因子のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表側には、目には見えない凸凹があり、日々の生活の中で黄色っぽい着色や食物カスの汚れが付きやすくなります。

なんとかしてキレイに見せたいと思った挙句にやみくもにフェイシャルマッサージをする方がいますが、こと目の下の皮膚は弱くて繊細なので、ゴシゴシと強く圧力を与える粗っぽいフェイシャルマッサージは不適当です。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は保湿力が高いためお肌に優しく、肌が乾燥しやすい人におすすめの化粧水です。防腐剤や芳香剤など余分なものを加えていないため、お肌の敏感な人でもお使いいただけます。

中でも夜の歯のお手入れは大事。“蓄積くすみ”を除去するため、夜間は丁寧に歯みがきをしましょう。ただ、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、質に留意することが大事なのです。

内臓が元気か否かを数値化できる有用な機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、人間の自律神経の状態を数値化することで、内臓のトラブルがモニタリングできるという高機能なものです。

スカルプは顔の肌と繋がっているため、おでこまではスカルプと全く一緒と捉えるのを知っていましたか。老化に伴い頭皮が弛んでくると、その下にある顔のたるみの誘因となってしまいます。

日本皮膚科学会の判定指標は、①強い痒み、②固有の皮疹とその拡散エリア、③反復する慢性の経過、3項目全部当てはまる疾患をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼ぶ。

現代を生き抜く私たちは、365日体の中に溜まっていくという怖い毒素を、多様なデトックス法を試して追い出し、なんとかして健康体になりたいと努めている。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク