明治時代の末期に外国帰りの女たちが、洋風の髪型、洋…

明治時代の末期に外国帰りの女たちが、洋風の髪型、洋服、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらを言い表す日本語として、美容がけわいの代わりに使用されるようになった。

クマを消そうという気持ちで自己流のフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、こと目の下は刺激に敏感なので、ゴシゴシと強く力を入れるだけのマッサージであれば悪影響をもたらしかねません。

メイクのメリット:外観が美しくなる。メイクも礼儀のひとつ。実際の年齢より年上に映る(24才以下限定の話です)。自分のイメージをその日の気分で変貌させられる。

日本皮膚科学会の判定の目安は、①痒み、②固有の発疹とその拡散エリア、③慢性的で反復する経過、3点ともチェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っている。

アイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落としたいばかりにゴシゴシと強くこするようにクレンジングした場合、皮膚が傷んだり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着し、目の下の茶色い隈の原因になるのです。

尿素水とグリセリンにヒアルロン酸(hyaluronic acid)を配合して作られた美肌水は保湿力が高いため肌に優しく、お肌が乾燥しやすい人におすすめです。防腐剤や芳香剤等の余分なものを利用しておらず、肌の敏感な方でも使うことができます。

細胞が分裂する速度を活発にし、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している時は出なくて、日が落ちてからゆったり体を休めくつろいでいる状態で分泌されるからです。

スポーツなどで汗をかいて身体のなかの水分量が減少すると自然におしっこの量が減らされて体温調節に必要な汗のための水分がストックされるため、この余分な水分こそが結果としてむくみの原因になっているということです。

もともと、健康なお肌のターンオーバーは28日周期になっており、1日毎に新しい細胞が生まれ、日々刻々と剥がれているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保持し続けています。

フェイスラインの弛みは不必要な老廃物や脂肪が集合することで徐々に促進されます。リンパ液の流通が悪くなると様々な老廃物が蓄積し、むくんだり、余分な脂肪が付きやすくなり、弛んでしまうのです。

アトピー要因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピーのうち一種類、又は複数)、IgE 抗体を作りやすい誘因、など。

早寝早起きすることと7日間で2回以上楽しい事をすると、心身の健康力は上がると言われています。こんな場合も起こり得るので、アトピー性皮膚炎にお悩みの患者さんは皮膚科の医師を受診してみてください。

メイクアップのメリット:新しいコスメが出た時のワクワク。自分の素肌とのギャップに楽しさを感じる。様々な化粧品にお金をかけることでストレスが解消できる。化粧そのものの好奇心。

内臓の元気の度合いを数値で見られるありがたい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人間の自律神経の状態を数値化することで、内臓が健康かどうかが把握できるという機能性の高いものです。

日本皮膚科学会の判断の目安は、①激しいかゆみ、②特殊な皮疹とその広がり方、③反復する慢性的な経過、3項目すべて該当する病気を「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と診断する。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク