生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(…

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌するβ細胞がダメージを受けてしまったことにより、その膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなってしまって発病するという自己免疫性の糖尿病なのです。

ロックのライブの施設や踊るためのフロアなどに設置されているとても大きなスピーカーのすぐ横で大音量を聞き続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響性聴器障害」と言うことをご存知でしょうか?

1回永久歯の周りの骨を減らすまでに悪化してしまった歯周病は、悲しいことに病状が安定したとしても、無くなった骨が元通りに戻るようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインレスコーヒーを代用すれば、あの直腸がんの罹患率を約52%減少させることができたのだ。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えてタバコを飲む事・お酒・肥満症等の生活習慣の変化、ストレスなどによって、ことさら日本人に増加しつつある疾患なのです。

今、若年層で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗する免疫(抵抗力)を保有していない人々が増加したことや、診断が遅れることが主因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増えています。

インキンタムシ(陰金田虫)は比較的若い男の人多く見られる傾向があって、ほぼ股間部にだけ広がり、走ったり、風呂上りのように身体が温まると猛烈な痒みを起こします。

「体脂肪率」というのは、人の体の中の脂肪の付いている歩合であり、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量÷体重(body weight)×100」という数式によって弾きだせます。

ただの捻挫と決め込んでしまい、包帯やテーピングテープなどで動かないように患部を固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を終えたらスピーディに整形外科医に診察してもらうことが、快癒への近道となります。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月1日からになることによって、小児科などの医療機関で注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。

下腹の痛みを特徴とする代表的な病気には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気などがよくみられるようです。

メタボであるとは言われていなくても、内臓脂肪が多めに付きやすいパターンの悪質な肥満を持っている事によって、様々な生活習慣病を発症する可能性が高まります。

スギの花粉が飛ぶ期間に、小さな子どもが体温は平熱なのにクシャミやサラサラした水っ洟が止まないようなケースは、その子は杉花粉症の恐れがあるでしょう。

お年を召した方や持病を持っている人は、殊更肺炎に罹患しやすく治るのが遅いという特徴があるため、予防策の実施や迅速な処置が大事なのです。

真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で比較的子供によくみられる病気です。耐え難い耳痛や38度以上の高熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの多様な症状が出ます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク