肝機能の減衰」は、血液検査のAST(GOT)

「肝機能の減衰」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値によって判断できますが、特にここ2、3年肝機能が衰えている現代人の数が微増していると言われています。

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、憂うつ、著しい倦怠感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が心身に現れます。

軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置してからただちに整形外科で診察してもらうことが、結局は快癒への近道となります。

いんきんたむしというのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名で、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股間、臀部などに感染し、棲みついた病気の事で水虫です。

めまいが起こらず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も発症するタイプのことを「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶケースもあるということはあまり知られていません。

基礎代謝というのは人間が何もせずにじっとしていても消費してしまうエネルギー量のことで、その大部分を全身の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類で消費するということはまだ広くは知られていません。

触れあいなどで、入居者さんがセラピーアニマルをとても可愛いと感じる時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されれば、ストレスを和らげたり癒やしに繋がっているのです。

メタボとは言われなくても、臓器に脂肪が溜まりやすいパターンの悪い体重過多になってしまう事に縁って、深刻な生活習慣病を発症しやすくなります。

吐血と喀血は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは咽頭から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことであり、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管からの出血のことを指しています。

30歳代で更年期になったとすれば、医学用語ではPOFという病のことを指します(この国においては40歳以下の比較的若い女性が閉経する症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼んでいるのです)。

明るくない場所では光不足で見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くため、レンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使用されてしまい、光の入る場所でものを見るより疲労が大きいのです。

心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭くなってしまって、血液の流れが止まり、栄養や酸素が心筋まで送られず、筋繊維が壊滅状態になってしまう怖い病気です。

エイズというのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全を招き些細な細菌などが原因の日和見感染やガン等を発病する症候群の事を称します。

コンサートやライブなどの施設やクラブなどに設けられているすごく大きなスピーカーの近くで大きな音を聞き続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と言っているのです。

現在のオペ室には、トイレや専用の器械室、準備室を備えさせ、オペ中に患者を撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ近くにレントゲン撮影のための専門室を用意するのが常識だ。

中年は、生活習慣病の予防を考えたいです。生活習慣病は、メタボが原因になることが多いです。メタボになると動脈硬化を引き起こしやすくなるからです。対策としては、お腹周りの贅肉を取ることですね。運動嫌いな人には、ダイエット効果のある成分を含んだ青汁がいいですよん、厳選青汁プレミアム 効果が高いと口コミでも評判です。難消化デキストリンが、脂質と糖質が身体に蓄積されるのを抑制していきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク