化粧の良いところ:容貌が美しくなる。メイクもマナー…

化粧の良いところ:容貌が美しくなる。メイクもマナーのひとつ。実際の歳より大人っぽく見える(ただし10代~20代前半の場合です)。人に与える自分自身のイメージを好きなように変貌させることができる。 健康な人間にも起こるむくみだが、これは浮腫んで当然。殊に女性は、夕方のふくらはぎのむくみを気にするようだが、人なら、下半身が浮腫むということはまっとうな状態なので神経質になる必要はない。 なんとかしてキレイに見せたいと対策を講じてフェイシャルマッサージをする人がいるようですが、目の下の表皮は敏感で弱いので、雑に擦るように力任せにおこなうだけのフェイシャルマッサージは良くありません。 押し戻してくる皮ふの弾力感。これを作っているのは、美容成分でおなじみのコラーゲン、すなわち蛋白質です。バネのようなコラーゲンが下から肌を下支えしていれば、たるみとは無関係でいられます。 患者さんによって肌の性質は異なりますし、遺伝による乾燥肌なのか、それとも生活習慣などによるドライスキンなのかによって治療方法が大きく異なってきますので、案外注意を要するのです。 この国における美容外科の来歴では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医療行為」だとの見識を与えられるまでに、思ったよりも月日を要した。 ほとんど慢性に繋がるが、正しい加療により症状・病態が管理された状態にあると、自然に治ってしまうことがあり得る病気だ。 トレチノイン酸療法は、色の濃いシミを数週間単位という早さで淡色に和らげるのにいたって効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・紫外線やホルモンバランスが原因の肝斑・しつこい吹き出物などに最適です。 歯のビューティーケアが肝要と認識している女性は多くなっているものの、実生活に取り入れているという人はまだまだ少数だ。その理由で最多なのは、「どのようにしてケアしたらよいのかいまいち分からない」という思いだ。 顔の加齢印象を強める重大な因子のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。歯のエナメル質には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、生活の中で黄色い着色や煙草のヤニなどの汚れが溜まっていきます。 乾燥肌というのは、お肌の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準よりも低落することで、お肌(皮膚)にある潤いが蒸発し、表皮がパリパリに乾く症状を指しています。 医学界がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を重視する風潮にあり、物づくりに代表される日本経済の発展と医療市場の急速な拡充により、美容外科(Cosmetic Surgery)は今脚光を浴びている医療分野のひとつだ。 この国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや茶色いシミが見られない状態を良しとする習慣は現代よりも昔からあり、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。 メイクアップの短所:崩れないように化粧直しをする必要にせまられる。すっぴんの時の落差。化粧品の出費が痛い。化粧してからでないと外に出られないというある種の強迫観念にとらわれる。 明治時代の終わり頃、異国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介したことから、これらをまとめた語彙のひとつとして、美容がけわいの代わりに使われるようになったのだ。 ... Read More

ドライ肌は、お肌(皮膚)の角質の細胞間脂質と皮脂の…

ドライ肌は、お肌(皮膚)の角質の細胞間脂質と皮脂の量が標準よりも下落することで、肌にある潤いが失われ、表面の角質層がカサカサに乾く症状を示します。 患者によって肌質が違いますし、先天性のものによるドライ肌なのか、それとも後天性の要素によるドライスキンなのかというタイプによって治療の仕方に関わってきますので、細心の注意を要します。 乾燥肌による掻痒感の誘因のほとんどは、年齢を重ねることに伴う角質の細胞間脂質と皮脂の低落や、クレンジングなどの過度の洗浄による皮膚のブロック機能の落ち込みによって現れます。 唇の両端、即ち口角が下がっていると、お肌の弛みは一段と進行していきます。にこにこと左右の口角を上げた笑顔になれば、弛み防止にもなるし、人に与える印象も良いと思います。 整形外科とは違い美容外科が欠損や損壊のない健康体に施術をおこなうという容貌重視の行為だとはいえ、結局は安全性への意識が充分ではなかったことが大きな要因なのだろう。 ともかく乾燥肌が普段の日常生活や身辺の環境に深く関係しているのであれば、いつもの身辺の習慣に注意するだけで大部分のトラブルは解消するでしょう。 むくむ要因は色々考えられますが、気圧など気候による関連性もあると聞いたことはありませんか。暑くなり大量の水分を摂り、汗をかく、この頃にむくむ因子が内在しています。 肌の奥深くで誕生した肌細胞はちょっとずつ表面へ移動し、行く行くは皮ふの表面の角質となって、約4週間後に自然にはがれ落ちていきます。こうした仕組みがターンオーバーの内容です。 アトピーという病名は「限定されていない場所」という意味のアトポス(ギリシャ語)を語源とし、「何かしらの遺伝的因子を持った人のみに発症する即時型のアレルギー反応に基づいた病気」のこととして名前が付けられたのである。 夏場にたくさん汗をかいて体の中の水分量が減少してくると尿が減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分がストックされるために、この水分が使われないと結果としてむくみの原因になっています。 目の下にたるみが現れた場合、みんな実年齢よりもだいぶ老けて写ります。弛みは色々ありますが、中でも下まぶたは特に目につくところです。 肌の乾燥の誘因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の量の減量は、アトピー患者などの先天性の要素によるものと、逃れようのない年齢や基礎化粧品や洗浄料による後天的要素によるものが存在しています。 本来、正常な皮ふのターンオーバーは4週間周期になっていて、日々刻々と細胞が誕生し、いつも剥がれているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しい状態を保持し続けています。 メイクアップの短所:昼には化粧直しをしてキープしないといけない。洗顔して素顔に戻った時に味わうギャップ。コスメにかかるお金がかさむ。メイクしないと外に出られないという一種の強迫観念にとらわれる。 皮膚の透明感を保持するターンオーバー、別言すると皮膚を生まれ変わらせることが可能な時というのは実は限定されていて、深夜に睡眠を取る時だけだそうです。 ... Read More

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横になっ…

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横になっていても消費してしまうエネルギー量のことで、5割以上を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類が使うと言われているようです。 消化器科の領域である急性腸炎は、通常は腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度ですが、細菌感染から来ている場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが相違点だといえます。 ハーバード大学医学校の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインレスコーヒーに変えることで、なんと直腸癌の危険性を0.52減らせたそうだ。 内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個以上合致する健康状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいるのです。 亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている酵素や、細胞もしくは組織の交替に深く関係する酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する成分として絶対に欠かせないミネラル分なのです。 めまいが起こらず、辛い耳鳴りと難聴を数回繰り返すタイプの事を「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病」と診断する症例があるようです。 植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる化学物質について、肝臓の持つ解毒酵素の順調な創造活動を促しているのではないかという新たな可能性が判明しました。 「ストレス」というものは、「消すべき」「取り去るべき」と思われがちですが、実を言えば、私たちヒトは色々なストレスを受けるからこそ、活動し続けることに耐えられるようになっています。 脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因としては性ステロイドホルモンのバランスの崩れ、V.B.複合体の慢性的な枯渇などが大きいと言われています。 日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを促すという機能が知られていて、血液中の濃度をコントロールし、筋繊維の働きを適切に調整したり、骨を生成してくれます。 狭心症(angina pectoris)の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の2つの異なる治療が標準的に利用されています。 胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを飲む事・嗜好品・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、ストレス等に縁って、ことさら日本人に患者が多い病気だということができます。 アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらす人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の働きを強化するような特性が認められているのです。 ストレスがかかり、溜まってしまう理屈や、便利なストレス対策法など、ストレスについて正確な知識を学んでいる人は、今のところ少ないようです。 下腹部の疼痛を訴える人の多い主な疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気等の病名が挙げられます。 ... Read More