基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横になっ…

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横になっていても消費してしまうエネルギー量のことで、5割以上を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類が使うと言われているようです。 消化器科の領域である急性腸炎は、通常は腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度ですが、細菌感染から来ている場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが相違点だといえます。 ハーバード大学医学校の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインレスコーヒーに変えることで、なんと直腸癌の危険性を0.52減らせたそうだ。 内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個以上合致する健康状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいるのです。 亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている酵素や、細胞もしくは組織の交替に深く関係する酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する成分として絶対に欠かせないミネラル分なのです。 めまいが起こらず、辛い耳鳴りと難聴を数回繰り返すタイプの事を「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病」と診断する症例があるようです。 植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる化学物質について、肝臓の持つ解毒酵素の順調な創造活動を促しているのではないかという新たな可能性が判明しました。 「ストレス」というものは、「消すべき」「取り去るべき」と思われがちですが、実を言えば、私たちヒトは色々なストレスを受けるからこそ、活動し続けることに耐えられるようになっています。 脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因としては性ステロイドホルモンのバランスの崩れ、V.B.複合体の慢性的な枯渇などが大きいと言われています。 日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを促すという機能が知られていて、血液中の濃度をコントロールし、筋繊維の働きを適切に調整したり、骨を生成してくれます。 狭心症(angina pectoris)の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の2つの異なる治療が標準的に利用されています。 胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを飲む事・嗜好品・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、ストレス等に縁って、ことさら日本人に患者が多い病気だということができます。 アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらす人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の働きを強化するような特性が認められているのです。 ストレスがかかり、溜まってしまう理屈や、便利なストレス対策法など、ストレスについて正確な知識を学んでいる人は、今のところ少ないようです。 下腹部の疼痛を訴える人の多い主な疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気等の病名が挙げられます。 ... Read More